2006年02月02日

お友達のダルちゃん

わたしの寝室の上の方に、ご主人さまが毎朝手を合わせている棚がありますが、今年もその棚にお友達が来ましたので紹介します。

一年間わたしと一緒に住む「ダルちゃん」です。

DSC01118.JPG

ダルちゃんは来年のどんど焼きには焼かれちゃいますが、わたしを一年間上から見守ってくれます。

まだこのダルちゃんには目が入っていませんが、ご主人さまは毎年どちらから目を入れるか忘れちゃいます。

達磨の目はどちらに入れる?

早く目を入れてあげてくださーい。
 

ニックネーム rebby at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっきなだるまさんだねっ
rebbyちゃんのお顔よりはるかにおっきいよね。
そーいえば昔、高校受験の時におばあちゃまがこれくらいのだるまさんをくれたわ。
でも片目は入ってて合格したらもう片方入れるってやつなんだけどね。
両目とも自分でいれるんだぁ(^^ゞ
Posted by yukamomo at 2006年02月03日 08:53
確か・・・右目を入れて、お願い事が叶ったら左を入れるんじゃなかったかしら・・・
おばさんも忘れちゃったわぁ。
Posted by baronママ at 2006年02月06日 22:56
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/187065
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック